2011年03月22日

自己紹介は技術よりも心!?

春になると、
新入社員が入ってきたり、新しい職場に移動したりと
なにかと、自己紹介を聞いたり自分がしたりする機会が増えますね。

先日、新聞で自己紹介の極意という記事を見ました。

それによると、

ます、話より見た目。その次が表情なんだそうです。

相手はなにより話す人の見た目に意識が行くということなんだとか。

気の利いた話が出来なくても、服装や姿勢をきちんとして笑顔を
してれば、なんとか乗り切れる!?

もちろん、ここまでは基本的な事なので、話も重要なんですけどね。
とはいえ、
ここでも、内容より表情やしぐさ、声といった要素に気をつけるのがポイント。


下記サイトで詳しく。ご参考に。

コミュニケーションスクール「とも子塾」
http://www.tomoko-juku.com/frame.html

posted by マナー at 11:40| Comment(0) | 動作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

新入社員の注意事項

ライブドアニュースによると
http://news.livedoor.com/article/detail/4708503/

(引用ここから)
入社したてで、右も左も分からない新人時代。今となっては当たり前と思えることでも、そのときには分からず、上司や先輩にこっぴどく叱られた思い出を持つ人も多いのでは。新人時代に受けたいろいろな注意の中でも、会社に入って最初に注意されたことはなかなか忘れられないもの。そこで今回は、入社して最初に注意されたことについて、20代を中心とした男性216名に聞いてみました。

Q.入社後、最初に注意されたことは何ですか? (単数回答)

1位 報告・連絡・相談 9.3%
2位 電話のかけ方・受け方  8.8%
3位 あいさつに関すること 8.3%
4位 服装に関すること 6.5%
4位 敬語に関すること 6.5%
(ここまで)

詳しくは、上記リンク先をみてもらうとして。

なるほどね。
最初は、なんか全否定されているような感じがして、つらいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

報告や連絡を怠って失敗するケースはいつになってもあるもの。

まあ、難しく考えないで、
自分が今どうゆう仕事をしていてどうゆう考えで行動して、どこにいるか。
すべて相手に分かるように動くようにすればよいかと。(もちろん仕事上の事でね。)

相手にとって「分からない」という不安を取り除けば大丈夫。

posted by マナー at 14:33| Comment(0) | 動作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

これができない人が意外と多い。

報告、連絡、相談。ホウ・レン・ソウ。

言い古された言葉ですが、結局のところこれが全て。

組織で働くなら、
新人でもベテランでも、関係なく必要なスキルですね。

慣れてくると、ついつい自分が自分がという思いから、仕事を抱え込みがちに
なりますが、仕事はチームで行うもの。
初心に帰って、ホウレンソウを思い出してみると、行き詰っている事の突破口が見えてくるかもしれません。

posted by マナー at 20:51| Comment(0) | 動作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。